こんなに風俗を愛したのに

風俗ではあんまり困らないですよね

これだけいろいろな風俗があると、困るようなことはありません。むしろ毎回のように嬉しい悲鳴ですよ(笑)だってどの風俗にしようかすべて自己責任じゃないですか。自分でどんなことを考えようとか、どうしても迷う部分だと思うんですよね。でも、その迷いもいわば楽しさの一つだと思いますし、頭の中でいろんなことを考えている時間もそれはそれで楽しいものじゃないですか。むしろその時間もまた、ある意味では風俗の楽しさの時間と言っても良いと思いますので、自分でも風俗で楽しむ時にはそれなりに考えています。頭の中でいろいろなシミュレーションをするのも嫌いではないですし、むしろそこでどのようなことを考えるのかによって、じゃあ何が出来るのかとか、自分にはどんな子が良いのかなど、いろいろなことを考えられるじゃないですか。それはやっぱり風俗ならではな楽しさというか、他では味わうことが出来ないものだと思って楽しませてもらっています。

キラキラしている風俗嬢でした

キラキラしている風俗嬢といった所でしょうか。あの存在感は風俗嬢のものじゃなく、アイドルに近いんじゃないかなって思わせるものでしたね。もちろんそれは誉め言葉です。大人数のアイドルに入るよりも、ソロでもやっていける。そんな可愛さのある子だったので、当然ですが満足度のレベルもまた、相当なものになりました。やっぱり風俗は相手の女の子の存在感次第な面がとっても大きいと思うんですよね。どんな存在感を示してくれるのかによって、こっちの気持ちは全然違うんです。ある意味、直接的なテクニックよりも断然大切なものだと思うんですよね。だってこっちの気分が高まっていれば、何をされても気持ち良いものじゃないですか。如何に気分を高めてくれるのか。そこが大きなテーマだと思うんですよね。その点では彼女は本当に自分のためにいろいろなことをしてくれたと思いますが、あの圧倒的なキラキラ感こそ、彼女の風俗嬢としての最大の武器ですよね。